header

カレンダーせどりで稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回まで福袋の話題を多く取り上げてきました。

さっそく、福袋で仕入れたオーディオ商品が、Amazonやメルカリで売れ始めました♪

45,000円の福袋を2個買ったので、内心ちょっと使いすぎたかなあ、と焦ってました^^;
早めに売上げにつながってよかったです。

当初予想していた粗利からはずいぶん下がりましたが汗
ですが、元も取れて、利益にもなりそうです^^

価格を高めに設定して寝かせれば、もっと高く売れるかもしれないです。
ですが、キャッシュフローの方を重視したいので、最安値付近で価格設定をしてます。

さて、今回は、福袋同様、新年らしい商品「カレンダー」について取り上げます。

カレンダーせどりの方法

年末にカレンダーを10点ほど仕入れました。
それが年が明けて売れ始めてきました。

なぜ、カレンダーを仕入れようかと思ったというと、昨年末のせどりセミナーがきっかけです。

色んなノウハウを聞く中で、雑談的にカレンダーを仕入れたという話がありました。

それが頭に残ってたせいか、年末にふと立ち寄った書店でカレンダーのコーナーを発見したとき、せどりスイッチが入ったわけです笑
書店は、ブックオフみたいな古本屋さんではなくて、普通のどこにでもある書店です。

売れた例を上げると、

http://mnrate.com/item/aid/4844366130
1,512円(税込定価) → 2,600円

http://mnrate.com/item/aid/4777941876
1,296円(税込定価) → 2,980円

こんな感じで売れました♪

カレンダーせどりのポイント

カレンダーせどりのポイントを説明します。

新品を定価で仕入れて「中古-ほぼ新品」でプレ値で売る

カレンダーせどりは、「中古-ほぼ新品」のコンディションでプレ値で出品します。

カレンダーせどりは、安く買って相場で売るのではなく、定価で買ってプレ値で売る方法です。
プレ値になる条件は、Amazonが在庫切れを起こすなどして、新品の出品がなくなることです。

また、カレンダーは、Amazonカテゴリでいうと「書籍」になります。
Amazonの書籍カテゴリには、「再販売価格維持制度」というものがあります。

これは、本を新品のコンディションで出品する場合は、定価で販売しなくていけないというルールです。

以上のことから、新品を仕入れたとしても、「中古-ほぼ新品」で出品するというわけです。

たまに、書籍カテゴリでも、新品でプレ値で売ってる出品者がいますが、マネしないようにしましょう。

全頭リサーチが基本

カレンダーせどりの場合、安売りもあるかもしれないですが、定価で仕入れることが多いと思います。
よって、全頭リサーチが基本です!

せどりすとプレミアムを使ったビーム&音声リサーチがあれば楽ですね^^

ビーム&音声リサーチについても、そのうちブログ・メルマガで詳しく説明します。

カレンダーで利益が出そうなジャンル

普通のカレンダーよりも、写真や絵を使ったカレンダーがよく売れると思います。
例えば、風景、動物、スピリチュアル、オタク系、アイドル系などですね。

まとめ

  • カレンダーせどりは、定価で仕入れてプレ値で売る!
  • 「中古-ほぼ新品」で売る。
  • 風景、動物、スピリチュアル系などが売れやすい。

 

 

せどらいむ