header

【失敗例】Amazonに追いかけられるとこうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、都心部で副業せどりに励む「せどらいむ」です^0^

ドラッグストアで高回転の利益商品を発見!

先日、ドラッグストアで見つけた特価商品を20個ほど仕入れました。

仕入れ1000円 → 想定売値1800円(粗利300円、利益率18%)
ランキングが1万位内と、間違いなく売れる商品です。

店頭には100個くらいあったので小分けで全部仕入れようかと思いましたが、ライバルに「Amazon様」がいるではないですか。

10円くらい安くすれば売り抜けられるだろうと予想しました。

Amazon様の容赦ない価格追従

最初の5個くらいは予想通りに売れていったのですが・・・、

Amazon様、すぐに追いかけてきましたT0T

最終的には1500円くらいが底値で、Amazon様も諦めがついたのか1700円くらいに価格が戻りました。

過去のグラフからAmazonの価格追従が読み取れる

過去のグラフをよく見ると、同じように最安値が徐々に安くなっている期間があります。

これも恐らく最安値のデッドヒートが繰り広げられたのでしょう。

これを元に底値や、価格が戻った時期も読み取れるので、今後の仕入れ判断に役立ちそうです。

縦積み商品のライバルがAmazonの場合はこまめに納品しよう

Amazonとのデッドヒートはなかなかスリリングな体験でした。
高回転商品なのとまとめ買い効果もあり、トータルではプラスで売り抜けられそうです。

今後、お店の在庫がある限りは5個くらいの単位で納品していくのがよいかなと思いました!

ではでは♪
せどらいむでした^0^

せどらいむ