header

FBA納品で着払いできるのは日本郵便のみ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、納品したときに、初歩的なミスをしてしまいました。

それは、
「佐川急便に集荷を依頼して、着払いでAmazonに送ってしまった」
ことです!

FBAパートナーキャリア(日本郵便)以外の運送会社では、運送料金は前払いです。

普段から、FBAパートナーキャリア以外で納品している人にとっては、
「何やってんの~?」みたいなミスです^^;

Amazonせどり初心者の方に向けて、同じ過ちをしないようにまとめてみました。

今回のミスが起こった経緯

冒頭のミスをした結果、

Amazonに着払いを拒否される

商品が自宅に戻ってくる

送料と返送料を請求される

またFBA納品分の送料がかかる

ということになり、約6,000円弱、余計に運送料を負担することになりました^^;

初めて日本郵便以外で納品を依頼

FBAパートナーキャリア(日本郵便)以外で納品したのは、今回が初めてでした。

なぜ佐川急便に依頼したかというと、納品したい商品が、
“石油ストーブ(新品)”だったからです。

以前、日本郵便から、石油ストーブの運送は渋られました。
新品でも安全性の面から、お断りしているそうです。
(その時は、なんとか頼みまくって運送してもらいました)

着払いができると勘違いしてしまった

納品プランで配送業者を選択するときに、佐川急便を選びました。

そして、石油ストーブをプチプチでくるみ、
(余談:私は、大型商品を納品するときは、
 購入してくれる方のことを考えて、こうしてます。
 でないと、商品の外箱に伝票がベタベタ貼られるので。)

いつも通り、FBAラベルを印刷して貼り付けました。
FBAパートナーキャリア(日本郵便)なら、着払い伝票も一緒に印刷されます。

他の運送業者を選ぶと、着払い伝票は印刷されません。

この時点で「おかしいな」と気付けば良かったのですが、
勘違いしたまま、運送会社の着払い伝票で納品してしまいました^^;

改めてFBAパートナーキャリアについて確認

今回の件で、改めてFBAパートナーキャリアサービスの意味が分かりました笑
色んなAmazon用語があるので、他にも本当の意味が分かってないものがたくさんあると思います^^;

博士になる必要はないと思いますが、重要なことは理解しておいた方がよいですね。

以下は、Amazonの説明です。

  • FBAパートナーキャリア サービスとは、
    FBAご利用の出品者様が特別割引配送料にて
    Amazonフルフィルメントセンターへ納品することができるサービス
  • 納品情報を作成する際に、配送業者に日本郵便を選択し、
    納品先フルフィルメントセンターの住所等が記載された配送伝票を
    印刷することができます。
  • 配送料はFBAパートナーキャリアの配送料としてペイメントに計上され、
    配送依頼時に配送業者へ支払う必要はありません。

私なりにざっくり言うと、
「FBAラベルと着払い伝票が一緒に印刷されて、着払いができるのは日本郵便のみ!
 このサービスのことをFBAパートナーキャリアサービスという」
という感じです。

FBAパートナーキャリアを利用した方が、通常のゆうパックよりは安くなります。
160サイズ(30kg以内)で、東京→神奈川or埼玉に送ると、
通常は1,830円ですが、1,111円になります。

この料金は、その都度、納品プラン作成後に計上されます。

160サイズを月に10箱送れば、約7,000円お得ですね。

納品については、ルールや料金など細かいですが、やりながら覚えていきましょう^^

まとめ

  • FBAパートナーキャリアは、日本郵便のみ
  • FBAパートナーキャリア以外は、着払い不可
    運送料は前払いすること!

せどらいむ