header

Amazonで商品を出品(出店)・販売するためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonせどり」で稼いでいくためには、Amazonで自分のネットショップを出店する必要があります。

出店というと、何か大変そうな手続きがいるのではないかと思われがちですが、出品する商品さえあれば、簡単に出品(出店)できます^^

ここでは、Amazonに商品を出品する流れと、出品者タイプについて押さえていきます。

 

Amazonマーケットプレイスに出品者として登録しよう!

Amazonで販売するには、出品用アカウントが必要です。普段から利用しているAmazonアカウントがあれば、簡単な手続きをするだけで、出品用アカウントが作成できます。

%e5%87%ba%e5%93%81%e7%94%a8%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8d%e3%81%86

amazon出品サービス」を参考にすれば、15~30分ほどで出店手続きが完了します。

amazon出品サービス
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/easy-useful.html/ref=as_jp_services_nav_easyuseful

Amazonに出店するにあたって、大口出品サービス小口出品サービスの二つのプランがあります。

最初から、販売したい商品がたくさんある人でなければ、「小口出品サービス」でOKです。

以下のAmazonサイトを参考にすれば、出品手順が分かります。

アマゾンで売ろう!マーケットプレイスに出品
https://www.amazon.co.jp/gp/seller/sell-your-stuff.html/ref=as_soa_jp_easy_top_sc?ld=NSGoogle

既にAmazonにある商品を出品すれば、価格と在庫数などの基本情報のみ販売をスタートできます。

 

「大口出品」と「小口出品」の違いは?

Amazonで販売をするスタートアップの時期は、小口出品サービスを利用し、販売点数が大きくなってきたら、大口出品サービスに切り換えましょう。

具体的に言うと、以下のようになります。

・月間販売点数が49個以内なら、小口出品サービス

 月間登録料はないが、1点売れるたびに100円の成約手数料がかかります。

・月間販売点数が50個以上なら、大口出品サービス

 月間登録料は4,900円で、1ヶ月間は無料です。(2016年9月時点)
 商品が売れても成約手数料はかかりません。
 小口出品サービスよりも、利用できるサービス(購入者向けサービス、販売カテゴリ、売上分析サービスなど)が増えます。 

  小口出品 大口出品
月間登録料 なし 4,900円
基本成約手数料 売れた商品1点につき100円 なし
その他 利用できるサービスが限られている。

利用できるサービスが多い。
(例)
決済方法、売上分析ツール
出品カテゴリーなど

 

まとめ

・Amazonにある商品があれば、簡単に出品(出店)できる!

・まずは、月額無料で利用できる小口出品サービスから始めよう!

・1ヶ月間の販売点数が50個以上になったら、大口出品サービスにしよう!

せどらいむ