header

量販店でゲームソフトの値札がミスってました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は家電量販店のゲームソフトコーナーを物色してみました^^

ワゴンの中を先に見ましたが、仕入れOKなソフトはありませんでした。

 

4,000円以下のゲームソフトを狙ってみた!

私は、ゲームソフトをせどる時は、いつも以下のように仕入れてます。

新品未開封であることは前提条件です。

ワゴンの中の商品

・棚に陳列されている商品は、安くなっているものだけリサーチする。
(POPや値札の色で判断します。)

ところが、今回の量販店においては、ワゴンはありましたが、棚の商品は特価品と分かるような目印がありませんでした。

そこで、クラスターさんの本に書いてあった、ゲームソフトをせどる時は、4,000円以下の商品を狙え!という内容を思い出し、実践してみました^^

 

実践してみた結果

ざっと100個くらいリサーチしてみましたが、なかなか利ざやのある商品が見つかりませんでした^^;

良くて、粗利5%以下とか。

1時間弱かけて、2つほど棚をリサーチして、見つけたのは1つだけでした。

以下の商品です!

上海DS2

http://mnrate.com/item/aid/B003WT0XX0

仕入れ値 2,480円

粗利 624円

利益率は約25%なので、まずまずです。

効率的に考えると、1時間弱でこの商品1つだけだったので、残りの棚は後日にまわすことにしました。

 

値札の価格が間違ってた!

会計時、「3,480円です。」と言われました。

「えっ??」となり、「2,480円ですよね??」と、店員さんに聞き返しました。

「あれ?そうですね・・・、少々お待ちください!」

「どうやら、値札が間違ってるようです。値札に書いてる価格で大丈夫です!」

「分かりました~、買います^^(ラッキー)」

量販店にあるゲームコーナーだけでも、1,000点以上の商品があります。

その価格を決めて、値札を貼るのも、人の手によるものでしょう。

たまに、こんな間違いもあるんですね~。

 

まとめ

しかし、お店側の間違いがなかったら、せどれるものが何もなかったということです。

やはり、棚からゲームソフトをせどる場合は、特価品と分かるものに絞った方が効率は良いです!

せどらいむ