header

店舗せどり初心者に必要な3つのツール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今は、誰でもせどりができる時代です。

それはなぜかというと、ITの発達により、

誰でもせどりができるツールがそろってるからです。

 

今回は、私がせどりを始めた当初に使用していた

無料のツールを紹介します^^

 

せどりに必須の3つのアプリ!

私は、現在は、有料のアプリや、

ビームと呼ばれるバーコードリーダーや

Bluetoothイヤホンを導入してます。

 

ですが、せどりを始めてから3カ月間くらいは、

無料のツールを使用していました。

 

大きく分けると3つのツール(アプリ)です。

 

1.モノレート(旧Amashow)

Amazonせどりをやっている人にはおなじみの

モノレートです。

http://mnrate.com/

TOPページのデザインがもうすぐ変わるようですね^^

 

これはざっくり言うと、

国内Amazonで売られている商品の、

過去の価格相場やランキングが分かるサイトです。

 

このサイトがあるからこそ、

Amazonせどりで稼げるといえるでしょう。

 

では、モノレートがなくなったらどうなるの?

と思う方もいるでしょう。

 

実は、「PRICE CHECK」という同じようなサイトがあります。

http://so-bank.jp/

 

大半のせどらーさんはモノレートを使ってます。

100%に近いんではないかと思います。

 

「おれは、PRICE CEHCK派だ!!」

ていう人は、リアルでもネットでも

聞いたことがないですからね。

 

私は、モノレートにアクセスできなかった時などに

数回だけ利用したことがあります。

 

2.バーコードリーダーアプリ

商品のバーコードをスキャンしてくれるアプリです。

私は、「pic2shop」というアプリをよく使ってました。

https://itunes.apple.com/jp/app/pic2shop-barcode-scanner-qr/id308740640?mt=8

 

せどりの先生が教えてくれたアプリだったからです。

 

ですが、クラスター長谷川さんの

「Amazonせどりの教科書」では、

せどりすと」が紹介されていたので、

途中からは、せどりすとも使ってました。

http://www.sedolist.info/page-147/

 

※Androidユーザーの方は、

「せどろいど」というアプリです。

 

pic2shopは、バグなのか、

バーコード読み取りできないときが

時々ありました。

 

そういう時は、せどりすと、

というように使い分けてました。

 

私は、せどりすとの方が使いやすかったですね^^

 

3.利益計算アプリ

モノレートや、せどりすとを使って、

めでたくAmazonより安い商品を見つけても、

利益計算をする必要があります。

 

私は、「Amafee」というサイトで

利益計算をしていました。

http://amafee.com/

 

他には、Amazonさんが用意している、

FBA料金シミュレータ」があります。

https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

 

これらの3つ(3種類)のアプリがあれば、

あなたも店舗せどりデビュー!

できます^^

 

次回は、これらの3種類のアプリの

活用法について書きたいと思います^^

 

まとめ

  • Amazonせどりに必須な3つのツールを用意しよう!
  • Amazonの価格・ランキング変動 → モノレート、PRICE CHECK
  • バーコードリーダーアプリ → pic2shop、せどりすと(せどろいど)
  • 利益計算アプリ → Amafee、FBA料金シミュレータ

せどらいむ