header

KeepaでAmazon刈り取りをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セミナー振り返りの第3弾です。
今回は、「Amazon刈り取り」についてシェアします^^

これは「電脳せどり」の手法になります。
電脳せどりとは、「ネットで仕入れてネットで売る」ということです。

私も電脳せどりはたまにやります。
仕入先として使っているのは、「ヤフオク!」と「メルカリ」です。

「Amazon刈り取り」とは、「Amazonで仕入れて、Amazonで売る」ことです。

そんなことができるのか?という風に思われるでしょうが、
出品者の値付けミスだったり、お店の在庫処分セールのようなものを狙ったりすれば可能です。

では、具体的な手法を説明していきます^^

「Keepa」Amazon刈り取りをするのに便利なツール

Amazon刈り取りをするためには、Keepa(Amazon Price Tracker)というツールを使います。

Amazon Price Trackerよりは、Keepaの名前の方が有名ですね。
Keep”a”の”a”は、Amazonの”a”なのでしょう。きっと。

Keepaは、Google Chromeの拡張機能です。
Keepa(Amazon Price Tracker)
※ここでは、Google Chrome拡張機能についての説明は割愛します。

Keepaを使う目的と手順

Keepaを使う目的は、「Amazonで安く仕入れをすること」です。
Keepaを使えば、Amazon価格が下がったことをメールで教えてくれます^^

では、その手順を説明します。
ここからは、実際にパソコンにKeepaを導入して、一緒に実践していったほうがより分かりますよ^^

商品例として、せどらーの間で年末商戦で高値になった商品として
話題になってる「うまれてウーモ」で見ていきます。
うまれてウーモ ピンク Amazonの商品ページ

Keepaのグラフ

Amazonの商品画像の下に以下のような画面が表示されます。

keepa_org

 

Keepaで注目するところ

keepa_%e8%aa%ac%e6%98%8e

グラフは以下の3つに注目してみましょう。

  • Amazon
    Amazon価格の変動です。写真でいうとオレンジの線です。
    グラフ内のピンクで塗りつぶされた期間が、Amazon在庫があるということです。
  • 新品
    新品最安値価格の推移です。Amazon在庫がなくなると価格が高騰しているのが分かります。
  • 売れ筋ランキング
    モノレートのランキングと同じです。

商品のトラッキングをする

keepa%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0_%e8%aa%ac%e6%98%8e

次に、「商品のトラッキング」をしてみましょう。

  • 「商品のトラッキング」を選択
  • 目標価格を設定
    ここでは10,000円に設定しました。
    通常は、平均相場の60%あたりに設定しておけば良いと思います。
  • メールアドレスを設定
    ここでは、Gmailアドレスを設定しました。
    TwitterやFacebookでもお知らせをしてくれます。
  • 「トラッキング開始」を選択

設定完了!

これで設定完了です。やってみると単純です。
トラッキングした商品は、Keepaのサイトでメニューの「トラッキング」を選択すれば確認できます。
https://keepa.com/#!

実際にKeepaを活用するためには

ここからは数の勝負です。

Keepaを活用するためには、このトラッキングする数がものをいいます。
毎日のようにお知らせが来るには、1,000商品以上はトラッキングする必要があるようです。

大変ですが、一旦これが構築できてしまえば、あとは待つだけです。
例えるなら、魚釣りをするのに、たくさんの網や仕掛けをはっているイメージですね。

Amazon刈り取りは、店舗やネットで利益商品を見つける
「一期一会」的なリサーチではなく、「資産構築型」のリサーチといえます。

ヤフオク!やメルカリ仕入れ以外で、電脳せどりを強化していきたい人には有効な手法だと思います^^

まとめ

  • 電脳せどりの手法の一つ、Amazon刈り取り
    ~Amazonで仕入れてAmazonで売る~
  • Amazon刈り取りに役立つツール「Keepa」
  • Amazon刈り取りは「資産構築型」

せどらいむ