header

メルマガプレゼントの続編~アカウント編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも!^0^

「せどり×情報発信で年収8桁」を目指す”せどらいむ”です!

前回に引き続き、PPP(パーフェクト・プレゼント・プロジェクト)シリーズの続編を、お知らせします!
※プレゼントはメルマガ読者登録するとダウンロードできます。
 ご希望の方は、メルマガ登録をお願いいたします!
 ↓ ↓ ↓
http://sedori-adventure.com/mail-magazine/

※最初のPPP完成のお知らせ記事はこちら。(約50店舗・約400商品のリストです。)

参考:せどりの稼ぎに直結したPP○Pなプレゼントがついに完成!
http://sedori-adventure.com/sedori/ppp-complete/

せどりメルマガプレゼント~アカウント編~

前回は、「準備編」ということでお伝えしました。
http://sedori-adventure.com/sedori/sedori-blog/sequel-present-preparation/

今回は、せどりの「アカウント編」にあたる内容です。

カテゴリ解除の申請の手引き

Amazonせどりを始める多くの人を悩ます壁、それが「カテゴリ解除の申請」です。
申請を通すには、「請求書」が必要で、これがハードルが高いと言われる理由です。

資料は、2016年9月の時点のものですが、基本は同じなのでぜひ参考にしていただければと思います^^

私は、コスメ(ビューティー)はやってませんが、ドラッグストアと食品&飲料の申請を通しました♪
今年の後半には、食品、ドラッグストアを電脳せどりでリピート仕入れできるようになることを夢見てます笑

納品制限の解除申請

せどりは仕入れも大事ですが、納品しないと商品は売れませんね。
わざとではないけど、やってしまうのが「納品不備」・・・。

繰り返しやってしまうと、Amazonから一時的に納品制限(停止)を処分を受けてしまうこともあります。
この資料は、そんなときに納品制限を解除する方法です。

方法といっても、大げさなものではなく、Amazonに反省のメールを送るだけです。
一時的に納品制限の処分を受けたときは、この資料を思い出してください^^

問い合わせ無しで低評価を削除する方法

Amazonせどりをやっていると、お客様から「低評価」を受けるときがあります。

Amazonでは、1~3の評価は、マイナス評価につながります。
Amazonせどりを始めたての時期にこのマイナス評価がつくと、購入率の低下が心配されますし、何より精神的ダメージが大きいです。

こちらに落ち度があっての低評価ならまだ良いです。

中には、
お客様「何も問題ありませんでした。 → 評価1」
出品者「!!?? Σ(゚д゚;) ヌオォ!?」
というケースも少なからずあります^^;
(私は2、3度ありました・・・。)

現時点では、Amazonでは、この評価の削除は自動でやっているようです。
資料に書いている方法で、このような悪い評価は消してしまいましょう。

もちろん、悪い評価がつかないようにショップ運営していくことが前提です。
そもそも、悪い評価が多いという人は、運営を見直しましょう。

まとめ

  • PPP(パーフェクト・プレゼント・プロジェクト)の続編~アカウント編~
  • カテゴリ申請の解除、納品制限の解除申請、低評価の削除方法

 

 

 

 

せどらいむ