header

オンラインテスト不要!「要期限管理商品」のFBA納品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

要期限管理商品

この言葉をご存知でしょうか。
漢字が6文字も並ぶと、小難しいですね。

要は、消費期限がある商品(食品&飲料、健康食品、食玩、ペットフードなど)のことです。

以前は、これらの商品をAmazonで販売するには、オンラインでトレーニングし、テストに合格をする必要がありました。
ですが、2017年4月19日からこれらのトレーニング&テストが不要になりました。

とは言っても、納品時のポイントを把握しておかないと、納品停止などのトラブルになりかねません。
今回は、そんな「要期限管理商品」をFBAに納品する際のルールについて説明します。

Amazon公式のマニュアルは以下です。
不安なことがあったら、これを見たり、Amazonテクニカルサポートに質問しましょう。

要期限管理商品FBA実践マニュアル
https://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/DatelotManual.pdf

事前に出品許可申請を済ませよう

消費期限がある商品は、人が食べたり飲んだりする商品がほとんどです。

ということで、

  • 食品&飲料
  • ドラッグストア

のカテゴリの出品許可はとっておきましょう。

以前の記事で出品許可の申請について解説してますので、参考にしてください。

Amazonのドラッグストア(ヘルス&ビューティー)の申請を通す方法!

http://sedori-adventure.com/sedori/apply-drugstore/

要期限管理商品のルールを身につける必要がある人

さて、どんな方が、「要期限管理商品」について学ぶ必要があるのでしょうか。

それは、Amazonで商品を販売するせどらーさんで、以下の商品を販売している人、もしくはこれから販売したいと思ってる人です。

  • 食品
  • 飲料(ソフトドリンク、お酒)
  • ドラッグストア系(健康食品、サプリメント)
  • 食玩(お菓子付のおもちゃなど)
  • ペットフード
  • 上記以外で「消費期限」が印字がある商品(プリンタのインクなど)

※プリンタのインクは、厳密に要期限管理商品として扱われてないかもしれません。

要期限管理商品を出品するときに押さえておくべきルール

食べ物や飲み物は人の体に入るものなので、家電やおもちゃなどの商品と比べるとルールが厳しいです。
とはいっても、ちょっとしたポイントを守れば、誰でも販売できます。

仕入れをする際に気をつけるべきこと

Amazonに納品された商品で、消費期限までの期間が45日以下となった在庫は自動的に「廃棄」されます。
返品もされないうえに、廃棄手数料もかかりますので、消費期限に余裕があることはもちろん、まとめ買いをする際には注意をしてください。

また、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 常温で保存できる
  • FC到着時に60日以上の消費期限がある
  • 消費期限の印字が外から見える箇所にある

ですから、

  • 冷凍 or 冷蔵保管が必要な商品
    冷凍食品、アイスなど
  • 消費期限が数日、数週間しかない商品
    生野菜、生菓子
  • 消費期限が分かりづらい印字
    MM/DD/YYYY、MM/DDなどのフォーマット

のような商品は納品できません。

ASIN(商品登録)の設定

以下で示すように、商品登録の際に、「要期限管理商品」のチェックボックスにチェックを入れておきます。

Amazonへ発送する際のポイント

  • 要期限管理商品のみを納品する
    つまり、同じ箱に、”家電”と”食品”を一緒に入れるようなことをしたらダメなのです。
    お菓子や飲料などというように、要期限管理商品のみで納品してください。
  • 同一ASINの商品は、同じ消費期限のものを納品する
    同じ商品でも、消費期限がバラバラだとダメです。
    納品時は、消費期限もチェックしながら梱包しましょう。
  • 「要期限管理商品」のシートを貼る
    通常の配送ラベルとは別に、「要期限管理商品」のラベルを貼りましょう。
    サイズはA5以上となります。
    マニュアルのp.8にありますので、必要な分だけ印刷しましょう。

その他の細かいルールはマニュアルをチェックしよう!

以上、最低限、押さえておいたほうが良いルールを抜粋して説明しました。

随時マニュアルをチェックしながら、仕入れや納品、管理を行っていってください^^

2017年末まで手数料割引キャンペーン♪

2017年2月~12月は、食品&飲料、ドラッグストア系の商品は手数料割引キャンペーンが適用されます。

日用品・食品の販売手数料割引キャンペーン
https://services.amazon.co.jp/services/fulfillment-by-amazon/conssip.html#sip

キャンペーンをうまく活用して、出品許可を得て、食品やドラッグストア系の商品などの仕入れ・販売にもチャレンジしてみましょう♪

まとめ

  • 要期限管理商品のルールをまとめました
  • 仕入れ・納品時の3つのポイント:常温、期限60日以上、消費期限の印字が見える
  • 手数料割引キャンペーンに乗っかり販売ジャンルを広げよう

せどらいむ