header

【Amazonせどり】結果よりもプロセスに焦点を当ててみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結果よりもプロセスに焦点を当てる

Amazonせどりをやる目的は、自分が理想とする未来を手に入れるために、お金を稼ぐことです!そう、Amazonせどりは、あくまで「お金を稼ぐ手段」です。

Amazonせどりは手段であると同時に、ビジネスです。ビジネスであるならば、結果・成果を出さないと、やっている意味がありません。

今回は、Amazonせどりに限らず、どの業界でも大事な考え方をシェアします^^

 

Amazonせどりをやると数字を意識するようになる

私が、Amazonせどりをする前は、「ビジネスで結果を出す!」とか「結果は数字が全て!」のような考え方は全くありませんでした。

Amazonせどりを始めて、特に変わったのは、何でも「数字」を意識するようになったことです。

月商、利益率、販売点数、仕入れ値、今月の予算、今月のクレジットカードの返済額、今月の粗利額・・・、など、色々出てきますよね。

私は元々、ライザップのような、「結果にコミット!」みたいな考え方があまりないです。こんな私のような人間にとって、結果、実績、数字が分かりやすく現れるAmazonせどりは、とても良い学びでもあります^^

 

結果に振りまわされないようにしよう!

ですが、数ヶ月もやっていると、毎月、毎週、毎日の結果に対して、一喜一憂してしまう自分がいました。

「今週の売上げはいい感じだ!」

「あー、今月は先月よりも売上が落ちてしまった・・」

とか、

「今日は全然仕入れることができなかった・・・」

ですね。

「よし!次は頑張ろう!」、「今月は月商〇百万達成しよう!」

と奮い立つのですが、度々、毎日、毎週、毎月の結果に対して、落ち込んでしまう自分もいます。

 

結果よりもプロセスに焦点を当てよう!

そんな時、業界は全然違うのですが、セールスマン向けの勉強会で良いシェアをいただきました。

「結果よりもプロセスに焦点を当てる」

ということです。

個人向けのセールスマンであれば、

結果は、売上、契約数。
プロセスは、プレゼンテーションの数、アポイント数、紹介をもらう数。

などですね。

各自のビジネスにおいて、結果を出すために重要となるプロセスを3項目ほど抜き出して、そのプロセスを達成することを意識してみましょう、という内容でした。

 

せどりにおける重要なプロセスをあげてみた!

私は店舗仕入れがメインです。電脳せどりもたまにします。

そこで、セールスの例にならって、自分にとって大事なプロセスをあげてみました。

店舗をまわる数
納品の回数・出品点数
入札予約数

これを月間、週間、1日単位で数字を設定します。

以下は、1ヶ月にまわる店舗数を120に設定した例です。

 店舗  月  週  日
 新規(新しく行くお店)  100  25  3~4 
 既存(既に行ったことのあるお店)  20  5  0~1

 

日によってプロセス目標を調整しよう!

副業でやっている人でも本業でやっている人でも、毎日、同じように行動できるわけではありません。

1週間の中で、

「この曜日は時間があるから5店舗行こう。」

「この曜日は予定があるから2店舗にして、他の曜日で増やそう。」

という感じで調整します。

 

その日のプロセスを達成したら自分をほめよう!

設定したプロセス目標を意識して実践・行動に移しましょう。そして、その日の目標が達成できたら、自分を認め、ほめてあげましょう^^

そうすると、その日の仕入れ結果がどうであれ、自己満足感が得られます。落ち込む必要はありません。設定した目標をこなしていれば、必ず結果は出ます。せどりは結果が出ないほうが難しいのです。

この毎日の「小さな成功を積み重ねる」という考え方が長期的に見て大事です!

ぜひ参考にしてみてください^^

 

まとめ

・結果に振り回されないためには、プロセスに焦点を当てよう!

・その日のプロセス目標を達成したら、自分をほめてあげよう!

 

せどらいむ