header

Amazonせどりで出品をする前に必要なものをそろえよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はAmazonで出品をする前に必要なものを説明します。

大体の説明はAmazonの公式ページで見れます。
※こういう公式ページのヘルプって、字が小さく、文字数が多いので見る気が失せるのは私だけではないはずです笑

Amazon.co.jpヘルプ:Amazonマーケットプレイスへの出品https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_bc_nav?ie=UTF8&nodeId=1085238

個人情報

Amazonで出品用アカウントを作成するには、名前、住所、電話番号(携帯番号でOK)の個人情報の入力が必要です。

ここで、本名を出すのが嫌だからと言って、偽名やニックネームなどは使わないほうが良いでしょう。
なぜなら、銀行口座やクレジットカード情報を登録するので、矛盾が生じるからです。

電話番号は、「SMARTalk」というスマホアプリを使えば、無料で050から始まる電話番号が使えるサービスがあるようです。

金融情報

Amazonで出品をするために、初回認証用としてクレジットカードが必要です。
また、売上を上がれば、Amazonから2週間おきに入金がされますので、銀行口座の登録もしておきましょう。

クレジットカードや、銀行口座情報の設定・変更は、セラーセントラルの「設定」をクリックすると、設定画面が表示されます。

ネット環境

ネットを使ってお金を稼ぐわけですから、最低限、パソコンなどが必須です。
スマホだけでも出来ないことはないでしょうが、パソコンと自分用のネット接続環境は用意しておきましょう。

パソコンにしろ、スマホにしろ、「操作性 → サクサクと快適に動く」ことは大事なポイントです。
動作が重いとストレスがたまりますので、精神衛生上よろしくありません。

パソコン

パソコンはデスクトップ、ノートパソコン、どちらでも良いです。
自宅以外で使う機会が多いなら、ノートパソコンにしましょう。
ノートパソコンなら、カフェなどでもノマド的に作業ができます。

私は、せどりを始めるにあたって、中古でパナソニックの”Let’s Note”を買いました。
情報発信をやっている仲間いわく、「仕事ができる人」のイメージがあるらしいです笑

情報発信チームでは、Appleのノートパソコン(MacBook)を使っている人も多いです。
スタイリッシュな印象はもちろんのこと、なれれば動作性もかなり快適のようなので、私も将来的にはMacBookにしたいなあ、と考えてます。

電脳せどりメインの人は、パソコンでの作業が多くなるので、パソコン動作の快適さは重視した方が良いでしょう。

スマホ

店舗せどりをメインとされるなら、スマホは有無を言わさずiPhoneが良いです。
これは、有料版のスマホアプリ「せどりすとプレミアム」が、Andoroid版と比べると機能の面ではるかに勝るからです。

私は、iPhone6s Plusを使ってます。
本体が大きいので、ポケットに入りづらいのが難点ですが、iPhone5に比べるとやはり画面が大きくて見やすいです。

店舗せどりなら、スマホ用の首かけアクセサリ(ネックストラップ)があれば、さらに便利でしょう。

ネット接続環境(ネット回線 or モバイルWi-Fi)

ネットが接続できる環境(自宅のネット回線 or モバイルWi-Fi)を用意しておきましょう。

モバイルWi-Fiの方が、自宅以外でも作業ができるので便利です。

モバイルWi-Fiの場合、プランは毎月使い放題のプランを選びましょう。
とはいっても、3日で3GB以上使うと、通信制限がかかる場合もあります。
ネットやメールの使用程度なら、この制限に引っかかることはないはずです。

またスマホも常時Wi-Fi接続にしておきましょう。
こうすれば、キャリアのデータ通信量を節約することができます。

Amazonセラーセントラルへアクセスする際の注意点

Amazonセラーセントラルにアクセスする際は、以下の点に注意しましょう。

  • 同じWi-Fiを複数人で共有しない
  • 無線LANスポット(Wi-Fiスポット)は使わない

要は、「自分だけのIPアドレスでAmazonセラーセントラルにアクセスする」ということです。

IPアドレスとは
パソコンやスマホなどに割り当てられた、ネットワーク上の機器を識別するための数字

なぜかというと、「アカウント停止 or 閉鎖」のリスクがあるからです!

自分以外の人と同じネット接続を共有すると、もしかしたら、過去にAmazonで問題を起こしたブラックリストのような人もいるかもしれません。
そうなると、芋づる式で、たとえ健全に運営をしている人も、Amazonから見て怪しいアカウントではないかと思われてしまうというのです。

こうならないためにも、Amazonセラーセントラルへのアクセスには注意を払っておきましょう。

まとめ

  • Amazonで出品をする前に必要なものをそろえましょう
  • 個人情報、金融情報、ネット環境
  • 自分だけのIPアドレスでAmazonセラーセントラルにアクセスすること!

せどらいむ