header

YouTubeでは最大5,000万回超え!独特な世界観の米津玄師さんとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、せどらいむです!

今日は、前回のテコンドー話に続き、せどりとは関係ない話題です。
完全に趣味の話です。
しばしお付き合いください。

みなさん、米津玄師(よねづけんし)さんて知ってますか?
音楽好きなら聞いたことはあるかもしれません。

以前、知人におすすめされたことがあるんですが、その時は全く興味が沸かなかったです^^;

米津玄師とは?

自分で歌詞を書き曲を作り歌うシンガーソングライター、絵もめちゃくちゃうまいイラストレーター、MV(ミュージックビデオ)も自分のイラストで動画を作れてしまったり・・・、

独自の世界観を持つとにかく多才な人です。
1991年生まれ、若い才能ですね~。
本人曰く、radwimpsやアジカンに影響されたと語ってます。

渋谷で「米津玄師さんて知ってますか?」という街頭インタビューを行ったところ、90%以上は知ってたようです。
つまり、10~20代の若者に広く知られてます。

彼の公式YouTube動画で最も再生回数の多いのはこれです。(約5,700万回)
以前、東京メトロのCMに使われたみたいです。

元はボカロP

米津さんは近年、急激に知名度を上げた人です。

そのきっかけとなったのが、ニコニコ動画でのボーカロイド曲です。
ボーカロイドとは、音声合成ソフトのことで、ボーカロイドで楽曲を作る人のことを
ボカロPと呼びます。(ボーカロイドプロデューサーの略です。)

私の好きな曲「マトリョシカ」。(YouTube 940万回)
初音ミクとGUMIというボーカロイドを使って作られてます。
(初音ミクは有名ですね^^)

最初に見た感想。

「何か不気味・・・」

そんな感じでした。

が、聞くごとに、曲の中毒性、バックのガチャガチャした音、意味不明な歌詞、などなど。
だんだんはまっていきました。

作詞、作曲、バックの打ち込み、ボーカロイド、動画編集・・・、
全部一人でやったそうです!

こちらは、本人が歌ってます。
「ゴーゴー幽霊船」
プロの音楽関係者から「不協和音」の使い方が秀逸と絶賛されてます。

中田ヤスタカとのコラボ曲が良い!

最後に、Perfumeや、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーの中田ヤスタカさんとのコラボ曲、
「NANIMONO (feat. 米津玄師)」
を紹介します!

サカナクションとか4つ打ちリズムが好きな人なら気に入ると思います!
めちゃおすすめです♪

せどりにつながる話といえば、個人が音楽制作するのに使う

楽器カテゴリの「DAT/DAW」(だっと/だう でいいのかな?)

というジャンルは、機材やソフトなど仕入れ対象になるものがけっこうありますよ~♪
Amazonカテゴリ手数料も8%なので利益もとれやすいです^^

最後まで読んでくれてありがとうございました☆

ではでは!
せどらいむでした♪

せどらいむ