header

「チャレンジJAPAN」レポート~登山家・栗城史多さん~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも!^0^

「せどり×情報発信で年収8桁」を目指す”せどらいむ”です!

前回に引き続き、「チャレンジJAPAN」というイベントに参加してきました。

チャレンジジャパン サミット2017
http://challengejapan.jp/summit2017/index.html

前回は、オリンピックメダリスト吉田沙保里選手と栄コーチについて取り上げました。
http://sedori-adventure.com/private/private-blog/challenge-japan-yoshidasaori/

登山家・栗城史多さん

今回は登山家の栗城史多(くりきのぶかず)さんです。
けっこう有名な方なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

私が、栗城さんを知ったのは、数年前に、塩沼亮潤というお坊さんと雑誌で対談していた記事でした。
※塩沼さんも、「千日回峰行」という超人的な修行を成し遂げた方です。

プロフィール、実績

1982年北海道生まれ。
大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8000m峰4座を無酸素・単独登頂。
2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始める。

2012年秋にエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失う。
2014年7月にブロードピーク(標高8047m)に無酸素・単独登頂。

2015年、2016年は五度目、六度目のエベレストに挑戦するも敗退。

元ニートが失恋し登山を志す

登山家と聞くと、若いころから山が好きで、志が高くて・・・、みたいなイメージでした。
実際の栗城さんは、身長も162cmとそれほど高くないです。

また、栗城さん、若いときは半年ほど「ニート」だったらしいです^^;
で、登山を始めたきっかけは「失恋」が原因だったようです。
このとき、別れた彼女さんが登山好きだったそうで、「彼女への未練」から大学で山岳部に入部して才能を開花させていったようです。

話し方は淡々としており、決して話しがうまい!というタイプではないです。
ですが、ニートだった昔話や元カノの話などのだめだめエピソードや、登山に対するチャレンジスピリット溢れる話や過酷な話なども交えるので、そのギャップから、一気に聴衆の心をつかんでました。

指を9本切断した後も、山にまた向かっているわけですから、本気具合といったら半端なものではありませんね。
そこには、栗城さんのお父さんからの励ましが何よりの心の支えだったと語っていました。

栗城さんがチャレンジする理由

栗城史多氏 登山家
苦境を乗り越え、いざ 世界最高峰へ6度目の挑戦!
http://challengejapan.jp/stories/vol01.html

栗城さん自身が何度も経験してきた「否定への壁」。

それは栗城さん自身だけでなく、我々の周りにも普通にあることです。
他人だけでなく、時には身近な家族からもあるかもしれませんし、無意識のうちに自分自身も周りを否定しているかもしれません。

具体的には、わが子に対してでさえも、「お前の成績や能力では、志望校や職業は無理だ。」と否定しまったり・・・。
自分自身に対しても、ブレーキをかけてしまったり。

そんな世の中のあらゆる「否定への壁」をなくすために、挑戦を続けているそうです。
面白いのは、「冒険の共有」と題して、インターネットによる生中継・生配信していることです。
こうして、冒険の最中の失敗、挫折も共有しているそうです。

来月(2017年4月)は、再度エベレストに挑戦するそうです!
※入山料、諸費用、ネット中継などしてますから、登山中の2ヶ月弱だけで、諸々5,000万円ほどかかるようです^^;

けっこうたたかれてます汗

と、きれいに終わってもよいのですが、ネットで検索してみるとけっこうたたかれたり、批判も多いようですね・・・。

それは、スポンサーからの支援、クラウドファンディングで巨額のお金が集まってたり、そのお金の収支報告もなかったり、ネットワークビジネスや自己啓発系の大物さんたちとのつながりで講演会もしているからのようですね。

また登山についても、単独や無酸素の定義についても突っ込まれてます。
他の登山家からも「本物ではない」と、よくは思われてないようです。

私は、アンチがいたり、たたかれている人ほど、それなりに有名だという証拠だし、そこに実績も伴っていれば、成功していると思うタイプです笑

ネットでいくら情報を知ったところで、それは単なる「情報」で、本当の「事実」は確かめようがありません。
今後も、栗城さんがチャレンジしていく姿に心打たれる人が多いから、講演会を開けば人は集まるでしょうし、支援金も集まるでしょう。

周りにどう思われようと、突き進んでいく人が一番強いですね!

◆◆クラスターせどりチーム4期に興味がある!◆◆

2017年7月に、クラスターせどりチーム4期を募集予定です。
この約4年で、ど素人から月商100万円オーバーを100名輩出!
せどりをきっかけに副業で月収10万円以上を当たり前に稼げるようになったら人生変わりますよ♪

あなたもその歴史を刻む一人になりませんか?
ご興味がある方は以下より予約登録をお願いします^^

チームの募集時期になりましたら、優先的に情報をお伝えします。
登録したからといって入会する必要はありませんのでお気軽にどうぞ♪
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSdebGEvk

まとめ

  • 栗城史多さんのプレゼンを聞きました!
  • ダメダメだった経験が登山をするきっかけだったことが意外でした
  • アンチも多いようですが、資金や支援者を集めている実績と、今もなおチャレンジする姿勢に共感しました

 

せどらいむ